Home » Other

八百長の語源は・・・

 2011年2月8日

相撲の八百長問題は春場所中止になり、さらには今後の開催もどうなることかわからない状況になってきてますね。
春場所中止を決定 65年ぶり本場所取りやめ (サンケイスポーツ) – Yahoo!ニュース

ところで「八百長」ってことば、そのことばや漢字だけでは意味がパッとわかりにくいですよね?
ってことで語源を調べてみたのでメモメモ。

八百長は明治時代の八百屋の店主「長兵衛(ちょうべえ)」に由来するといわれる。八百屋の長兵衛は通称を「八百長(やおちょう)」といい、大相撲の年寄・伊勢ノ海五太夫と囲碁仲間であった。囲碁の実力は長兵衛が優っていたが、八百屋の商品を買ってもらう商売上の打算から、わざと負けたりして伊勢ノ海五太夫の機嫌をとっていた。
しかし、その後、回向院近くの碁会所開きの来賓として招かれていた本因坊秀元と互角の勝負をしたため、周囲に長兵衛の本当の実力が知れわたり、以来、真剣に争っているようにみせながら、事前に示し合わせた通りに勝負をつけることを八百長と呼ぶようになった。
八百長 – Wikipedia

長兵衛さんもまさか後世まで自分の通称がこんな形で使われるとは思ってもいないでしょうねww
ちなみに英語ではいろいろ言い回しあるみたいですが、「fixed game」のようにfixって単語を使うようです。

お金が絡むプロスポーツにおいては八百長はなかなかなくならない課題だと思いますが、根絶にむけて取り組んでいってほしいですね。



Leave your response!

Add your comment below, or trackback from your own site. You can also subscribe to these comments via RSS.

Be nice. Keep it clean. Stay on topic. No spam.