Home » Food

[OTBブログ]滋賀県産だけを使った「近江牛丼」を食べてみた

 2010年3月24日

3連休に滋賀に帰省した際に話題(?)の「近江牛丼」を食べてきました。
近江牛丼
一万食限定「近江牛丼」売れ行き好調-全国から問い合わせも – びわ湖大津経済新聞

具材には近江牛のほか、近江八幡の名産「赤こんにゃく」やほんのりとした甘さが特徴の「信長ねぎ」、滋賀県唯一のキノコマイスターの資格を持つ杉田さんが作る「シイタケ」など、すべて滋賀県産のものを使用。レトルトパック1食入りで、価格は680円。滋賀県内のローソン125店舗、サカエヤのホームページなどで販売している。

近江牛丼
↑ びわ湖カンパニー、通称びわカンが盛り上げてるらしい
びわカンは滋賀の人ならみんな知ってるローカル番組ですw

近江牛丼
↑ 調べてみると「南部藤×菊俊土井×第2安鶏土井」という血統らしいです

ということで、温めて食べてみました。
近江牛丼
お肉は超柔らかくて、トロトロ!
近江八幡名物の赤こんにゃくも味が染みてて美味。
そこいらのファーストフードな牛丼よりも全然おいしいです!
まぁ牛丼の並だったら2杯食べれるお値段なのであれですが。。
滋賀県内のローソンに売ってます。
あとwebでも買えるみたいですが、送料ちと高いですなー。

この企画の中の近江牛は知ってもらうきっかけであって、それって県内のみで売ってるよりは、東京のアンテナショップで売った方が全然効果は高いんじゃないかと思いました。
あんまり地元の肉を意識して買うこともないかなと。
地元の肉やるやん!って思うこともないことはないと思うけどねw
でもまぁ企画や、ローソンを販路としてるあたりはおもしろいなと思うので、今後も続けていって欲しいなと思います!



Leave your response!

Add your comment below, or trackback from your own site. You can also subscribe to these comments via RSS.

Be nice. Keep it clean. Stay on topic. No spam.