Home » Fashion

[OTBブログ]久しぶりにフリマに行ってきました

 2009年1月20日

この前、「不況になれば消費者は賢くなる」ってエントリーを書いたんですが、その中で少しフリマについて触れました。
[OTBブログ]不況になれば消費者は賢くなる(2009-01-16)
東京だと代々木公園や明治公園のフリマに行ったことがあったんですが、たまたま検索したら週末開催してることがわかったので早起きして代々木公園のフリマへ行ってきました。

なんで早起きかというと、あそこは戦場だからですw
1点ものしかないバーゲン会場と言えばわかりやすいかな?!
フリマって個人が出してるものなので基本的にはすべて1点ものです(たまに業者が出店してますが)。
その場で売れてしまったらおしまいな訳です。

加えて、最近のフリマにはバイヤーという恐ろしい存在がいます。
リサイクル系のショップの方かと思うんですが、フリマで仕入れてるんですよね。
まぁ海外に行くより手っ取り早いし、移動のコストもかからない。
そしていいものが多い。
バイヤーにとってはまさに宝の山な訳です。

そして店舗持ってなくても最近ではネットで売ることもできる。
ヤフオクなんかであればホントに誰でも売ることができるので、フリマで安く仕入れて売り飛ばすのはいい収入になるかと思います。
(もちろん商品知識や相場感覚を持って目利きができないといけないですが)

彼らバイヤーは大きいバックパックを背負って、出店者が来たら売り物出すのを虎視眈々と囲んで待ってるんです。
そして出店者が商品だしたら、もう戦場です…取り合いですよ、マジで。
たぶん初めての人が見たら引くくらいすごいです。。
知らずに出店する人は大変ですよ。嵐が来たみたいな勢いで人が群がってきますからw
でもその嵐の中でうまいこと売ってしまわないと後半戦は苦しいですが(基本午前中までが勝負)。

そんな戦場な光景を横目で見つつ、たまに参加しつつ、
今回はTRUERELIGIONのジーンズを1,400円で購入。
あとはアウトドア系のJKT、ロンTを購入。

帰ろうかなと思ってたら見つけたCleo Skribent「MESSOGRAF」ノギス付きボールペンは新品なのに500円だったので思わず買ってしまいました。
変わったボールペン好きんなんですよね。
これは父親の影響です。
Cleo Skribent「MESSOGRAF」
見たことはあったけど相場とか知らなかったんですが、3,000円くらいすることを知ってラッキーだなと。
フリマはこういった出会いがあるからステキですよね。

バイヤーがいなくなればいいのになぁと思いますが。。
これも今という時代を映してる鏡なのかなぁと思いました。

あと表参道から代々木まで歩いていく途中にLouis Vuitton表参道店があって、スティーブン・スプラウス全開だったので思わず写真撮ってしまいましたw
朝の表参道だからできたことですね。
、スティーブン・スプラウス
[OTBブログ]Louis Vuittonのスティーブン・スプラウス コレクションがCooL!



Leave your response!

Add your comment below, or trackback from your own site. You can also subscribe to these comments via RSS.

Be nice. Keep it clean. Stay on topic. No spam.